地区重点目標

2020ー21年度 地区重点目標


Ⅰ.RI会長テーマ

「ロータリーは機会の扉を開く」

Rotary Opens Opportunities

 

 

Ⅱ.地区テーマ

バリアフリー・マインド ~ 相手と同じ視線に立つということ

 

バリアフリー・マインドとは奉仕をする側もされる側も同じだという心のあり方です。

その心はロータリーのフレンドシップやサービスの精神に通じます。

国際ロータリー第2750地区ビジョンや行動指針に則った活動をお願いします。

 

「クラブ戦略計画」の立案、推進の支援を行います。

本年が3カ年の「地区戦略計画」の最終年です。

なお、RIの新戦略計画は次期の地区戦略計画から反映させます。

 

 

Ⅲ.地区強調事項

① 会員基盤強化の支援

地区として、会員数年率3%増を目指す

・クラブ戦略計画委員会を設置(未済のクラブ)

・クラブ戦略計画、地区戦略計画を達成

・マイロータリー、ウェブ、アプリ、SNSなどIT媒体の整理とデータの活用

・地区ハンドブックの継続、但し地区便覧との重複に配慮

 

② 会員維持の重要性の認識

地区主催の新会員セミナー、オリエンテーションを実施する

・地区新会員研修参加を強く勧奨

 

③ 女性会員、40歳以下会員が入会しやすい環境つくり

地区として、女性会員比率を20%以上に、40歳以下会員比率を5%以上に引き上げることを目指す

・クラブの現状と戦略計画との乖離のチェックを推奨

・会員数の報告体制の見直し

 

④ 奉仕活動の増加

地区は、グローバル補助金を使ったクラブの奉仕プロジェクトに対しDDFを活用して

支援する

・ポリオ根絶の達成

・奉仕のつどいの発展

 

⑤ 公共イメージと認知度の向上

地区はクラブのホームページによる広報活動を支援する

・2020オリンピック、パラリンピックの各種のプランを実施

・日本のロータリー100周年記念行事を強く支援

・クラブのロータリーデー開催を支援

 

⑥ ロータリー財団・米山記念奨学会への寄付

リーディング地区にふさわしい金額の維持を推奨する

・ロータリー財団への支援

年次基金への寄付 1人$150 ポリオプラスへの寄付 1人$30

ベネファクター (1名/会員数99名までのクラブ、2名/会員数100名以上のクラブ)

メジャードナー 12名以上(レベル1~4)

ポール・ハリス・ソサエティ新規加入者 30名

・公益財団法人ロータリー米山記念奨学会への支援

 特別寄付、普通寄付合わせて1億円目標