会長挨拶

2020-21年度

東京町田ロータリークラブ

会 長 堤 嘉彦

 

2020-21年度 クラブ会長方針

「繋げよう・未来へ」


東京町田ロータリークラブは、来年度に創立60周年を迎えます。その準備を整えます年に2020-2021年度の会長に推挙され、承認を受けました。

 

創立から本年に渡り、諸先輩方が育まれて来られたロータリーへの熱き想いと輝かしい業績を在籍年数の浅い会員と共に学び、スタート地点を確認することも必要と思います。また私達を取巻く経済環境も新型コロナウィルス感染の影響で刻々と変わる昨今、国・都の方針を踏まえつつ、例会・行事等も臨機応変に対応して参る所存です。

この様な先の見えない時代の中でもロータリーの『四つのテスト』等、普遍的なものもあり、その数々の業績・言葉の意味を再度学びながら事業の継続または見直しの議論も必要な時期だと思われます。

 

創立時から現在に至るまでの歴史と意義を確認し、創立60周年以降も続く東京町田ロータリークラブのあるべき姿を会員全員で共有することが大切です。

RI会長の言葉にもある通り、5年後そして10年後にどのようなクラブになりたいかを話し合う中長期戦略立案会議の場を設け、クラブが会員や地域にもたらす価値がどのようなものかを確認した上で、楽しく意義ある活動が出来ればと考えております。

 

本年度は、新型コロナウィルス感染という荒波を舵取りしながら、60周年に向け船出をします。会員の皆様のご支援ご協力を心からお願い申し上げます。

 

【重点目標】

1. 会員増強・退会防止 

2. 例会の充実と出席率の向上

3. ロータリーライフの充実

4. 被災地復興支援の継続と新たな取り組み

5. 幼児画展・訪問授業の充実

6. 中長期戦略立案会議の実施